政治経済・私は数年前までは社長業を十数年経験して、それからいろいろやりました。これから必ず何かやります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【独女通信】「売れる人材?」「売れない人材?」独女の転職事情やいかに!?


バブル期の再来、いやそれ以上と言われる昨今の新卒の売り手市場。
「ああ、私たちの時代も引く手あまただったわ」と思いつつ、今の職場に不満を持つ独女たちも多いのではないだろうか。転職を考えるも「就職氷河期」の悪夢が醒めず、なかなか行動を起こせずにいる人もいるだろう。
 しかし「中途採用計画調査2007」(リクルート ワークス研究所)によると「回答企業の15.8%が、中途採用は前年度と比較して「増える」と回答。従業員規模別に見ると、300人~999人、1000人以上の規模で「増える」と解答した企業の割合が高い。年齢構成を見ると「25~34歳」がもっとも多く47.6%。次いで「35~55歳」も28%となっている。30歳を越えても、チャンスは充分ある。今の好景気は独女にとっても、本物の売り手市場となっているようだ。

 求人サイト「女の転職」を運営している(株)キャリアデザインセンターに、女性の転職事情を伺ってみると、いわゆる「2007年問題」や「少子化」などによる労働力不足を解決する方法の一つとしてとして、女性を積極的に採用する企業が多くなってきており、新卒・中途採用共にこの傾向は今後、益々顕著になるとのことだった。

 以前は企業側が“使い易い”と云う点で「若い(20代前半)独身」女性が好まれており、逆に言うと「若くない(30代)」「既婚」「子持ち」が避けられていたことが現実としてあった。
 しかし昨今では企業側が女性を長期戦力として位置づけするようになってきており、結婚・出産・介護などのライフイベントによって影響を受けやすい女性に対して、様々な働き方を用意している企業も増えてきているらしい。「働きたいと考える女性にとっては、今は追い風の時代と言えます。特にキャリアを積まれて30代を迎えた女性の方々には「仕事内容」「働き方」の選択の幅が飛躍的に広がったと言えます」と語ってくださった。

 では企業が求めるのはどんな女性なのだろうか。

「男女関係無く当たり前のことですが、仕事のパフォーマンスを上げられる人が求められます。また住宅関連の営業職や証券のカウンターセールスのような、今まで男性が当たり前だった仕事に女性の職域が広がっています。企業が「女性の視点」を事業運営上、重要視し始めていることの現れです」とのこと。
 なるほど、「女性である」ということは、もはやハンデではなく、「売り」だということかもしれない。

 しかしながら、実際転職を希望すると、面接などで「結婚」や「親との同居」など、女性ならではの「面倒な質問」に出会うことを懸念する人もいる。

 派遣大手のテンプスタッフ株式会社の方に話を伺うと「ハラスメントに抵触することは、面接でもストレートには聞いていない企業が多いと思います。特に、結婚している、自宅かどうかは業務には関係ないことなので聞いていません。しかし、どのような働き方をしたいのか、仕事をどのように捉えているのかを知るために、今後のキャリアや働き方などの一環として、プライベートに関係することも聞いていると思います」とのことだった。

「結婚のことを聞くなんて、セクハラだ!」と憤る前に、自分の働き方に対する姿勢を臆することなく伝える技術が必要ということだろう。

 では、派遣する立場から見て「この人は紹介しづらい」というようなタイプはあるものだろうか。

「紹介しづらいという方の具体的なエピソードは、思いあたらないのですが、必要な要件として“コミュニケーション力”を挙げたいと思います。“コミュニケーション力”は対人関係だけでなく、物事を的確に捉え、解決する、成果を出すなどにもつながる能力となります」。

 コミュニケーション力というのは、自分で勘違いしている場合も多い。周囲と仲良くできるからといって、その能力に長けているというわけではない。

 最近はあまり厳しくないからと言って、セクシーな服装が好まれない職場もある。ミュール履きなども印象が悪い。役員秘書などお堅い職場なら、なおさら注意が必要だ。質問に質問で返すような答えも、コミュニケーション能力不足とみなされよう。

 それから絶対やっちゃいけないのが「面接のあと、携帯電話で会社の悪口を言っちゃう」という失態。常識で考えれば「それはダメだろう」とわかることだが、ついやってしまいそうなミスではある。

 その場その場の空気を読み、自分が求められていること、やってはいけないことを把握することも“コミュニケーション力”。いくら「売り手市場」といっても、この能力に欠けている人間は「売れない人材」となる。転職を希望する独女たちには、自分を「売れる」人材にするために、まずこの“コミュニケーション力”を磨くことをお勧めする。

今は、本当に好景気なのでしょうか。

この現象があるのは、都市部だけではないですか。

http://news.livedoor.com/article/detail/3125363/              引用ライブドアニュース

スポンサーサイト

<エジプト>スパイ容疑で技術者を起訴 日本人も手配中


エジプト司法当局は17日、イスラエルのためにスパイ行為を働いたとして同国原子力エネルギー局のエジプト人技術者を起訴したと発表した。

当局は香港在住のイゾ・シローという名の日本人(45)とアイルランド人の計2人を事件に関与したとして手配している。

http://news.livedoor.com/article/detail/3123960/               引用ライブドアニュース

[ダイエット通信]ダイエット停滞の原因は酸素不足?!


我々が暮らす地球では、豊富な酸素で満たされている。が! 意外や意外、実は現代人には酸素が不足しているという。そういえば、最近コンビニなどでも酸素入りの水や、酸素ボンベのような商品が並んでいる。


よくおばあちゃんが“日本はキレイな水と空気がタダだもんね~”なんて言っていたのだが。なんだコノ現象は、一体!? 酸素って自由に吸い放題じゃなかったの~? じゃあ、有酸素運動でたくさん酸素を取り入れられるか!? といえば、(後に説明するが)残念ながら呼吸での酸素吸入には限度があるのでチト違うようだ。

 体内の理想的な酸素濃度は97%と言われているが、現代人は94%ほどしか満たされてない。意外なことに、呼吸で摂取できる血中酸素の量はたったの30%で、それ以外はミネラルなどを元に体内で酸素が精製されているという。近年、ミネラルの摂取不足が謳われる現代人は、必然的に酸素不足に陥っているようだ。ちなみに、血中酸素が1%上がった状態で1ヶ月過ごすことは、毎日30分のウォーキングをするのと同じ効果があるとか。「毎日、がんばっているのに、痩せない」と悩んでいる人は、血中酸素が不足しているのかもしれない。

 では、果たして酸素とダイエットの関係とは?また、実際どのようにして酸素をダイエットに活用できるのだろうか。

酸素不足とは、以外ですね。

http://news.livedoor.com/article/detail/3122264/                                     引用ライブドアニュース

続きを読む
Copyright © スタート All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。