スポーツ・私は数年前までは社長業を十数年経験して、それからいろいろやりました。これから必ず何かやります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田パパ暴言 金平会長が謝罪へ


亀田3兄弟の父・史郎氏の暴言を問題視し、日本ボクシングコミッション(JBC)の審判らで構成する試合役員会がライセンス停止などの厳しい処分を求めた問題で、金平会長はJBCに謝罪する意向を表明した。

史郎氏は3月に亀田がノンタイトル戦で判定勝ちした後、役員控室へ戻ったレフェリーに暴言を浴びせた。

同会長は「お父さん(史郎氏)とは話をした。ちゃんとした書面を持ってお伺いする」と話した。

やはり、人間的問題がある人ではないでしょうか。

もう少し、勉強されたほうがいいと思います。

http://news.livedoor.com/article/detail/3120636/                引用ライブドアニュース

スポンサーサイト

20歳の上田桃子が地元で単独首位!


ライフカード・レディース第1日(13日、熊本県菊池郡菊陽町・熊本空港CC=6423ヤード、パー72)、20歳の上田桃子(加賀電子)が1イーグル、3バーディー、3ボギーでただ1人アンダーパーの70をマークし、単独首位に立った。2打差の2位に青山加織(21)=フリー。横峯さくら(21)=エプソン=は27位。昨年地元優勝を飾った不動裕理(30)=フリー=は78で38位と出遅れた。飯島茜(23)=TOTO=は左手首痛のため、途中棄権。


 イーブンパーで迎えた最終18番のロングホール。グリーン右のバンカーからの第3打が、するするとカップに吸い込まれた。上田は「我慢していたら、最後に大ラッキーがきた」とイーグルに声を弾ませた。


 強風で花粉が舞い、コースがかすんで見える悪条件でも辛抱強くプレーを続けた。後半10番から6ホール続けてパーをセーブ。「去年より難しい。我慢大会ですね」と笑った20歳が、誰よりも我慢のゴルフを見せた。


 昨年も地元熊本開催のこの大会で、初日首位に立った。注目を集めたが、2日目に82をたたき、上位から脱落。同じテツを踏むつもりはない。「精神的な波もなくなった。成長した姿を見せるチャンス」。故郷でのツアー初優勝に向け「勝ちたいです」と宣言した。

若い選選手が出てくることは、試合的に面白くなります。

がんばってほしいですね。

http://news.livedoor.com/article/detail/3120086/             引用ライブドアニュース

<F1・バーレーンGPフリー走行>ライコネンが圧倒。アロンソは5番手


13日のF1グランプリ第3戦バーレーンGPフリー走行は、キミ・ライコネン(フェラーリ)が2つのセッションとも支配した。

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)はライコネンに半秒差以上つけられ5番手に終わった。 

ライコネンは1分33秒162のタイムを叩き出した。これにルイス・ハミルトン(マクラーレン)、フェリペ・マッサ(フェラーリ)、ロバート・クビサ(BMWザウバー)が続いた。

F1は、何が起こるか、予想は付きません。

http://news.livedoor.com/topics/detail/3119858/              引用ライブドアニュース

続きを読む
Copyright © スタート All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。