映画・私は数年前までは社長業を十数年経験して、それからいろいろやりました。これから必ず何かやります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同時多発スパイダーマンはタブー! でも六本木は大変なことに!!


16日、アメリカの人気コミックを映画した大ヒットシリーズの第3弾、『スパイダーマン3』のプレミアが六本木で開催された。本作は5月1日から日本で世界最速公開が決まっていることから、今回のプレミアは通常のジャパンプレミアではなく、ワールドプレミアと呼ばれる“世界で最初に開催されるプレミア”となった。

 あいにくの雨の中、六本木のアリーナには多くのスパイダーマンファンが集まった。熱狂的なファンの中には、スパイダーマンのコスプレで会場入りしたファンの姿もちらほら見えた。海外メディアのイケメンレポーターがスパイダーマンのマスクを被って取材したり、彼女連れの一般人が全身スパイダーマンの衣装を着込んでいたり、中には女性のスパイダーマンもいたりと、スパイダーマンがいたるところに出没していた。

 本来スパイダーマンは1人しかいない設定なので、同時に存在することはタブーとされている。その証拠に、オフィシャルのスパイダーマンのスタントマンがパフォーマンスを披露した際には、スパイダーマンを演じたトビー・マグワイアは決して人前には現れなかった。それはミッキーマウスが同時に2人存在しないという、ディズニーランドの掟(おきて)と同じくらい厳格なものだ。

 しかし、この日はワールドプレミアというファンにとっては一大イベント。さすがの配給元のソニー・ピクチャーズも、熱狂的なファンを止めるのは不可能だったようだ。トビー本人も、この珍事件を楽しんだようだ。コスプレをしたファンに声を掛けられると、ちょっとびっくりしたような表情を見せたが「oh! ハーイ!!」と笑顔で応えていた。

スパイダーマンのファンはたくさんいるのですね。

http://news.livedoor.com/article/detail/3123066/              引用ライブドアニュース

スポンサーサイト

女優A・ライ、家庭内暴力の被害者役で話題に=インド映画界


【ニューデリー7日】インドでこのほど、「ボリウッド」と呼ばれる同国映画界のスター女優で元ミス・ワールドのアイシュワリヤ・ライ≪写真≫が家庭内暴力の被害者を演じる映画「挑発」が封切られ、話題になっている。 

この映画は、10年以上も自分に暴力を振るい続けた夫を焼き殺した女性の自伝「光の輪」が原作。

ライはこれまで、批評家から演技力を酷評されてきたが、今回は「彼女のキャリアで最高の役だ」(映画ウェブサイトの編集長)などと高い評価を得ている。…

さすがミスワールドきれいですね。

http://news.livedoor.com/article/detail/3111373/            引用ライブドアニュース

続きを読む

シルヴェスター・スタローン、ランボーではスタント使用


『ロッキー・ザ・ファイナル』では見事な肉体を披露したシルヴェスター・スタローンだが、「ランボー」シリーズ次回作では30歳のボディ・ダブルを使うことを決めたようだ。

シリーズ4作目となる最新作は、ランボーが、ミャンマーを訪問するキリスト教人権団体の護衛に当たるというもの。

スタローンはすでに60歳を迎えており、『ロッキー・ザ・ファイナル』のプロモーション中にも筋肉増強剤を持ち込んだとしてオーストラリア空港で足止めをくうなど、体の衰えが心配されている。

やはり60歳ですから、体力も落ちて当然、ですが、がんばってほしいです。

http://news.livedoor.com/article/detail/3108223/               引用ライブドアニュース

Copyright © スタート All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。