女優A・ライ、家庭内暴力の被害者役で話題に=インド映画界・私は数年前までは社長業を十数年経験して、それからいろいろやりました。これから必ず何かやります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女優A・ライ、家庭内暴力の被害者役で話題に=インド映画界


【ニューデリー7日】インドでこのほど、「ボリウッド」と呼ばれる同国映画界のスター女優で元ミス・ワールドのアイシュワリヤ・ライ≪写真≫が家庭内暴力の被害者を演じる映画「挑発」が封切られ、話題になっている。 

この映画は、10年以上も自分に暴力を振るい続けた夫を焼き殺した女性の自伝「光の輪」が原作。

ライはこれまで、批評家から演技力を酷評されてきたが、今回は「彼女のキャリアで最高の役だ」(映画ウェブサイトの編集長)などと高い評価を得ている。…

さすがミスワールドきれいですね。

http://news.livedoor.com/article/detail/3111373/            引用ライブドアニュース

【ニューデリー7日】インドでこのほど、「ボリウッド」と呼ばれる同国映画界のスター女優で元ミス・ワールドのアイシュワリヤ・ライ≪写真≫が家庭内暴力の被害者を演じる映画「挑発」が封切られ、話題になっている。


 この映画は、10年以上も自分に暴力を振るい続けた夫を焼き殺した女性の自伝「光の輪」が原作。ライはこれまで、批評家から演技力を酷評されてきたが、今回は「彼女のキャリアで最高の役だ」(映画ウェブサイトの編集長)などと高い評価を得ている。


 ライが演じる女性は1989年、夫を殺したとして起訴され、終身刑の有罪判決を受けた。しかし、家庭内暴力反対運動などの圧力で減刑された。この女性は新聞の取材に対し、ライの演技は「わたしの人生の苦しみを表した」と話している。


 ライが近く結婚を予定していることも、映画が関心を集める要因の一つになっている

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。