米グーグル第1四半期は69%増益、シェア拡大寄与で・私は数年前までは社長業を十数年経験して、それからいろいろやりました。これから必ず何かやります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米グーグル第1四半期は69%増益、シェア拡大寄与で


4月19日、インターネット検索大手の米グーグルが発表した第1・四半期決算は、。インターネット検索事業の市場シェア拡大による広告収入増加が寄与し予想を上回る69%の増益。

写真は昨年1月にラスベガス
で開かれた展示会で撮影した同社のブース(2007年 ロイター/Rick Wilking)

さすが、世界のグーグルです。

http://news.livedoor.com/article/detail/3127633/             引用ライブドアニュース

[サンフランシスコ 19日 ロイター] インターネット検索大手の米グーグル(GOOG.O: 株価企業情報 , レポート)が発表した第1・四半期決算は、予想を上回る69%の増益となった。インターネット検索事業の市場シェア拡大による広告収入増加が寄与した。発表を好感し同社株は時間外の電子取引で2%上昇した。

 純利益は10億ドル(希薄化後1株当たり3.18ドル)。前年同期は5億9200万ドル(同1.95ドル)、ロイター・エスティメーツによるアナリストの予想平均は1株当たり2.91ドルだった。

 シュミット最高経営責任者(CEO)は、決算発表を受けたアナリスト会見で「第1・四半期の業績は非常に喜ばしい内容だった。中核事業が極めて強く、業績をけん引した」と述べた。ただ、第2・四半期と第3・四半期には例年、成長が鈍化する傾向があると警告した。

 総売上高は63%増の36億6000万ドル。これにはトラフィック獲得費用(アフィリエイトに支払う手数料、TAC)11億3000万ドルが含まれている。アナリストの予想平均は35億7000万ドル、予想レンジは34億3000万―37億ドルだった。

 一時的項目とストックオプション関連費用を除外したベースの1株利益は3.68ドル。前年同期は2.29ドル、アナリスト予想平均は3.31ドルだった。

 グーグル株は、決算発表前の通常取引は4.36ドル安の471.65ドルで引けていたが、発表を受け、時間外取引で485ドルに上昇した。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。