久保純子が新レギュラーで見せた“バラエティーの顔”・私は数年前までは社長業を十数年経験して、それからいろいろやりました。これから必ず何かやります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久保純子が新レギュラーで見せた“バラエティーの顔”


久保純子(35)は実はバラエティー向きじゃないか――こんな声が上がっている。 

NHKを辞めてフリーで活動している久保のレギュラーが先週から2本になった。

これまでは土曜夜の「ブロードキャスター」(TBS)のみだったが、飯島愛の引退で日曜昼の「ウチくる!?」(フジテレビ)のお鉢が回ってきたのだ。

その1回目が15日に放送された。

作られた顔で、テレビに出ていたのかもしれない。

http://news.livedoor.com/topics/detail/3129266/              引用ライブドアニュース

久保純子(35)は実はバラエティー向きじゃないか――こんな声が上がっている。

 NHKを辞めてフリーで活動している久保のレギュラーが先週から2本になった。これまでは土曜夜の「ブロードキャスター」(TBS)のみだったが、飯島愛の引退で日曜昼の「ウチくる!?」(フジテレビ)のお鉢が回ってきたのだ。その1回目が15日に放送された。久保はMCの中山秀征とともに振付師の真島茂樹をゲストに迎えて、日劇のダンサーだった真島が慣れ親しんだ有楽町、日比谷界隈を食べ歩いた。

 有楽町の居酒屋で久保は「ワタシ、初めて番組の収録でお酒を飲みました」と頬を赤らめて笑い、ゲストらに「どうも、どうも」と乾杯のしぐさをしたり、新宿2丁目の話で盛り上がったりした。子持ちのオバサンの肩の力を抜いた会話の連続に「これが久保の素の顔では……」という印象も強かった。

「NHKは縛りが多かったし、『ブロード』は隣にキャスターの福留功男がいて窮屈そうです。その点、『ウチくる!?』はタレントの失敗談や暴露話が中心で、何でも気兼ねなく言える雰囲気がある。クボジュンはやっと自分の居場所を見つけたと思っているのではないか」(マスコミ関係者)

 クボジュンの本領発揮はこれからか。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。