この「食べもの常識」ってホントなの?・私は数年前までは社長業を十数年経験して、それからいろいろやりました。これから必ず何かやります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この「食べもの常識」ってホントなの?


「あるある騒ぎ」以来、テレビの健康番組、食べもの情報に眉に唾する人が増えてきたが、それでも「迷信」は幅を利かせている。夜の飲み屋でも「あれって体にいいんだってね」という話題でオトーサンたちは盛り上がる。では、こんな話はホントなのだろうか。

●ダイエット中なのでビールでなく発泡酒

 ビールに比べ発泡酒はスッキリした飲み口だし麦芽も少ないので、低カロリーの印象があるが、そんなことはない。酒のカロリーはアルコール分に比例するから、同じ5.5%ならビールも発泡酒もカロリーはほぼ同じだ。350ミリリットル缶でビール140キロカロリー、発泡酒157キロカロリーと、むしろ発泡酒のほうがわずかに高い。

 カロリーオフの発泡酒はアルコール度が3%、3.5%と低い。

●野菜嫌いなので野菜ジュース

 野菜は1日に350グラム食べろといわれるが、野菜嫌いには苦痛だ。しかし、100%野菜汁の缶ジュースを飲んでも十分な補給とはいえない。

「食物繊維は取り除かれ、ビタミン、ミネラルの損失も大きいからです。どうしてもジュースでというなら、搾りカスも入ったものを自宅で作って飲んでください」(食品アドバイザー)

●卵は黄身の色が濃い方が新鮮でウマイ

 鳥は体内で色素を作ることはできないから、卵の黄身も薄い黄色が自然の色だ。赤いのはパプリカなどの着色料をエサに混ぜるから。新鮮さ、ウマさとも関係ない。

●缶飲料は「甘さ控えめ」にしている

「糖分控えめ」の表示には法律によるルールがあるが、甘いか甘くないかは好みの問題だから、「甘さ控えめ」に表示基準はない。甘さ控えめが糖分やカロリーが少ないとは限らない。

●コレステロールが高いのでイカ・タコは食べない        

 たしかに、イカやタコ、卵はコレステロールを多く含む食品だけれど、コレステロールの7割は砂糖や脂肪などを原料に体内で作られる。食品から摂取されるのは20~30%。

「お寿司屋さんでイカ・タコを我慢するより、脂っこいものをたくさん食べないことが大切です」(管理栄養士)

●糖尿気味だから酒は焼酎

 ビールや日本酒のような醸造酒は糖尿病を悪化させるが、蒸留酒である焼酎やウイスキーは影響が少ないと思っているサラリーマンは多い。アルコールが体内に入ると、インスリンの働きを低下させ糖尿病を進行させる。ビールも焼酎も同じだ。

●トクホ(特定保健用食品)マーク付きの食用油は低カロリー

 トクホマークつきの油は「体内に脂肪が蓄積されにくい」のが特徴である。しかし、カロリーは普通の食用油と同じだし、「脂肪がつきにくい」だけで、「つかない」わけではない。安心してジャブジャブ使うと元のもくあみ。

食べ物は、どれがどうかわからなくなってきました。

http://news.livedoor.com/article/detail/3129269/              引用ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © スタート All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。