海外ニュース・私は数年前までは社長業を十数年経験して、それからいろいろやりました。これから必ず何かやります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米大学乱射:報復恐れる韓国人留学生


米国史上最悪の銃乱射事件を引き起こした犯人が韓国系との事実が広く知られると、韓国人留学生会は大きな衝撃を受け留学生全体が犯罪者と見られないか非常に心配している。

当初米国の一部マスコミは犯人が中国人留学生と報じていたことから少し安心していた韓国人留学生たちは、犯人が韓国人という意外なニュースに大きな衝撃を受けた。

アメリカは、目には目といったところがありますから少し怖いですね。

http://news.livedoor.com/topics/detail/3124471/              引用ライブドアニュース

松坂、連敗… 打線の無援に泣く


レッドソックスの松坂大輔投手が4月17日(日本時間の18日朝)、トロントで行われたブルージェイズ戦に登板。

6回を投げ3安打2失点10奪三振と好投したが、打線の援護に恵まれず2敗目を喫した。

4回に押し出しを含む3四球などで2点を失ったが、それ以外は安定した投球内容だった。

松坂の通算成績は1勝2敗、防御率2.70。 また、7回には岡島が登板し3者連続三振の好リリーフを見せた。

まだ、始まったばかり、1年は長いです。

http://news.livedoor.com/topics/detail/3123857/                 引用ライブドアニュース

続きを読む

[大リーグ]松坂、3安打3四球2失点で2敗目


【トロント村田隆和】米大リーグは17日、各地であり、レッドソックスの松坂は当地でのブルージェイズ戦でメジャー3戦目となる先発登板。6回を投げ、3安打3四球2失点。試合は1―2で破れ、11日のマリナーズ戦に続いて2敗目(1勝)を喫した。

 

 松坂は毎回の10三振を奪ったが、1―0の四回、適時打で同点とされた後、連続四球で押し出しの1点を与え、勝ち越された。岡島は七回に2番手で登板し、1回を3者連続三振に抑えた。

 カージナルスの田口はパイレーツ戦に2番・左翼で先発し、3打数1安打。九回に左翼へ二塁打を放った。オリオールズ戦に6番・三塁で先発したデビルレイズの岩村は4打数無安打。先発したホワイトソックスの井口はレンジャーズ戦に2番・二塁で先発したが、五回まで無安打。

 ◇力任せの投球に悔い残す

  名だたる大リーグの打者に対する過度の意識が、松坂の歯車を狂わせた。その一人は、ブルージェイズの中軸ウェルズだ。松坂が「最も警戒する打者」として、名前を挙げていたメジャーでも指折りの「ファイブツール・プレーヤー(走攻守そろった選手)」である。

 初球から狙ってくるウェルズに、真っ向勝負を挑んだ。一回は150キロ前後の速球を投げ続け、3球で二ゴロに仕留めた。四回の第2打席も速球を中心に攻め、最後はスライダーで三塁前の当たり損ねのゴロに打ち取った。だが、これが内野安打になった。

 ここから松坂のリズムが狂い出す。続く通算488本塁打のトーマスにはストレートの四球。「走者を一人出してトーマスを迎え、意識をしすぎてコントロールを乱してしまった」。それが逆転を許す結果を招いたと、松坂は振り返った。

 まさに、ムキになったような四回の38球だった。一回から三回までは39球と完投ペースで抑えていただけに、この回の力任せの投球には、悔いが残る。五回の三者連続三振をはじめ、六回までに毎回奪った計10三振のうち7個は速球だ。ストレートはこれまでになく走っていた。「ボール自体は良かった」と松坂。だから余計悔いが募る。

 チームは3連勝中で、ア・リーグ東地区の首位に立っていた。しかし――。メジャー最短の六回降板、そして2敗目。「(チームが)連勝していい形で来ていたので、途切れさせたくなかったのだけれど」。自身が負け投手になったことより、チームの負け数が一つ増えたことが、松坂には気がかりなようだった。【村田隆和】

 ○…前日のエンゼルス戦(16日)に続き、岡島が見事な中継ぎを見せた。松坂が降板した直後の七回、1点を追う展開だったが、「これ以上点を取られ、試合をつぶしてはいけない」と集中。下位打線とはいえ、3者連続三振に切って取った。チェンジアップが面白いように決まったことには納得の笑顔を見せる。しかし、松坂が投げて負けゲームとなっただけに、3者三振の感想も「たまたまです。何とも思わなかった」とそっけなかった。


結果はこれからです。

http://news.livedoor.com/article/detail/3124706/               引用ライブドアニュース

Copyright © スタート All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。